「スプレッド」とはFX投資は通貨ペアを売り買いして儲けを狙う投資です。

買ったり売ったりの値は二十四時間変化しています。

それがレートです。

インターネットを見ていると外貨の市場の情報が流れます。

よく見かけるのが、「ただいまのドルは80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

それは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという事ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表しています。

言い換えると、売り買いには買いと売りの2個の価格が存在します。

売値のことをBID、買値のことをASKと提示しているFX取引会社もあったりします。

一般的に売値の方が低くなるものです。

投資家が買値は高く、売値は安くなっています。

その差をスプレッドといい取引業者の収益の一部になっています。

スプレッド幅は取引会社によって異なります。

スプレッド幅は利用者にとって費用になるので、小さい取引業者をピックアップしたほうが有利になります。

ただ、同じFX業者でも局面によってはスプレッドの幅は拡大したり、縮小したりします。

もしも平常時は円とドルのペアでたった1銭のスプレッドの幅だとしても市場の上げ下げがかなり大きいときには1銭よりも広くなったりする場合があります。

なので、スプレッド幅が狭いのと、固定しているということが必要です。

最近では固定でスプレッドを示すFX会社も多く存在しています。

実際にFX業者の取引画面で本当のレートをチェックしなければ評価できないので面倒くさいですが、必要な事です。

重要な財産を使って売り買いをしますので、実際の取引の前に魅力的に思えた会社の取引するための口座開設を全てして表示されているスプレッドを実感しましょう。

同じ通貨ペアでも、その時間帯のボラティリティによって通貨のスプレッドの狭さは変化します。

一般的には、銀行間取引市場で取引量の多い外貨ではスプレッドの広さが小さく他の通貨ペアではスプレッドの差が広がる傾向にあります。