直接商品を買うのでないクレジットカードの仕方はたやすいです。

カードを使って直接買う事ができない販売品を直に取引するという事ではなく、二次的に買い取りするのが得策です。

文章が簡素なため、はじめに金券のモデルを駆使して説明してみたいと思っています。

例になる女性が有名な服を持ちたいと思案して立っています。

価値のあるバックを売りに出している場所だとクレジットカードで支払う事が認められません。

でもAmerican Express、NICOSなどのギフト券によってなら支払う事を受け入れてくれるといっています。

したがってある個人はクレジットカードで金券を注文する事が可能なギフトカードを売っている場所に訪ねカードを駆使してMasterCard、Diners clubなどの券を注文するとします。

続いてカードを使って買い取ったVISA、NICOSなどのギフト券をお店に持って足を運び、購入したかった有名な銘柄の服を買い取ったとします。

「一体なんで人はそんな手の込んだ手続きをしなければいけないの?」と疑問に思う事もあるかもしれませんが、実は解説した手段を使用するなら実際だと手に入れられる事がないクレジットカードポイントが得られます。

通常通り、現金を支払って一流のバックを注文したとした時はクレジットポイントは手に入れられませんしJCB、MasterCard、Diners clubなどのギフト券を金で買い取りした後に用いてもクレジットポイントは手に入れられません。

ところが今示した事例、NICOSなどの商品券をクレジットカードで購入したという理由により、ブランドアクセサリーを買ったケースと同じような分だけクレジットカードポイントが貯まるという事なのです。

これが遠まわしにクレジットを駆使した事になっているという根拠で、間接的カードと名づけられた進め方です。